キャンプ

2009年5月 4日 (月)

キャンプのチカラ

久しぶりに仕事を離れてゆったりすごす。


自然にも癒されるし、子どもとも変に気を使わず遊べる。

ゆっくり考え事も出来て、自分を振り返られる。

穏やかな時間の流れが、本当に嬉しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

校庭キャンプ②

今、校庭キャンプからの帰りです。

本来は今日明日の一泊二日のはずなのですが、
自分は明日は仕事なので、一日だけで帰宅です。

さっきまでトイレにかこつけて必要以上にテントから這い出して来ていたお子たちも、
そろそろ夢の中に突入している頃でしょう


途中抜けということなので、今回は自分は班を担当せず、スタッフ側のお手伝いをしてました。
色んなリーダーの姿が見られて、中々興味深く観察することが出来ました。
ただ、やはり自分の班を持たないことで寂しさも無きにしもあらず。

スタッフサイドとリーダーと、それぞれ面白さはあるけれど、
やはり今はリーダーとしての立場が性に合ってる気がします


今日嬉しかったのは、リーダー仲間が誕生日の色紙をくれたことsign01
正直感動ものですよ
いい仲間をもって、本当幸せです。

前回の鬱ブログ記事も、あれを見てmixiでメッセージを送って励ましてくれた人もいて
自分はなんという果報者かと思いました。

落ち込んでも励ましてくれる、気にかけてくれる、
そんな良い仲間が周りにいることを当たり前と思わず
感謝して生きていこうとあらためて誓いましたgemini

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

校庭キャンプ

練馬区にある小学校の校庭でキャンプをしてきました。

普段から出入りしているNPOの企画運営なのですが、

都会の真ん中にある学校の校庭で行うと言うところが面白い企画。


日中はネイチャーゲームをして楽しみ、日が傾いてきたころにカレー作り。

そして夜には校舎を使っての肝試しです。


子どもたちにとって毎日通いなれている校舎も、

日が落ちてから入り込むなんてことは、子どもたちみんな初体験!

夜の闇のなかでポッカリと口をあける昇降口は、

やはり昼間の学び舎とは別の世界へと我々を誘うようでした。


今回参加したスタッフ・リーダーの印象としては

とても聞き分けのいい「よい子」が多い学校だなぁというイメージでした。


このキャンプに参加するために、毎日の課題を

平日のうちに終わらせておく苦労を重ねただけの甲斐がありました。


今シーズンはあと二つ、校庭キャンプが残っています。

そちらにもたのしく取り組めることを期待しています。


一緒に行くみんな、よろしくねヽ(´▽`)/

Photo

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

群馬5班

今から準備します。
行って参ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

四万十帰還!

今朝、四万十から還ってきました!

8月11日に東京を出発し、6泊7日の長い旅でした。


まず行きの夜行バスからして、狭い座席で眠れず、

うとうとしたかと思えば地方の子どものピックアップや

S.A.での休憩のたびに起きる必要があって、ほとんど眠れませんでしたcoldsweats01

しかし、四万十に到着するや、強い日差しと素晴らしい自然に囲まれて、

一気にテンションが上がりましたhappy02


2日目のキャンプ場はとてもきれいでテントも芝生の上と、超快適♪

明日からの川下りに備えてカヌー講習をした後は、ゆっくりとカレー作り。

カエルくん得意のトロトロカレーは今回も子どもたちから好評を得ました!


一晩明けて、3日目はとうとうカヌー旅スタート!

前夜のミーティングで、下見をしたインストラクターから

「風が強くてなかなかハードな旅になりそうだ」と聞いていたので、

気を引き締めてスタート。しかし、思ったよりも風は吹いておらず、

「なんだ楽々じゃ~ん♪」と思っていたところ・・・・・・

突然の通り雨にビックリrain

川面を見ていると、雨に叩かれた水面を水が跳ね、

それが川の向こうから近寄ってくるのが目で見て分かりました。

そしてその強い雨が自分たちのところへやって来たとき、

身体を打ち抜くような強い水滴が全身に浴びせかかってきました。

おかげでカヌーの中にも水たまりができる始末mist

しかし、なんとか予定していた距離を漕ぎきり、

2泊するキャンプ場に到着!

しかし、そこはキャンプ場とは名ばかりのただの河原sweat01

目に染みるような臭いが充満するトイレと水場が一箇所あるだけです。

当然テントを張るのも石がごろごろしている上でのこと。

シュラフを敷いて寝っころがると、自然のつぼ押し・・・

なんてものではない、安眠とは程遠い状況です。

それでも、子どもたちはカヌー漕ぎに疲れたのか、

夜にはぐっすりと眠っていましたcoldsweats01


4日目は近くにある黒尊川という透明度抜群の川へ遊びにGO!

これがもう、半端無いくらいの清流で

スノーケルをくわえて川の中を覗き込めば、深さ数メートルはある

川底まできれいに見通せるだけでなく、自分たちの手の届く範囲に

20cm以上はあろうかと言う川魚がうようよ泳いでいるのです!

あんなにきれいな川で泳いだのは生まれて初めてのことで、

子ども以上に大興奮してしまいましたhappy02

そして午後からはとうとう、四万十川に掛かる沈下橋からのダイブ!

子どもたちもほぼ全員が飛び、自分もこの日は4回飛びました!

でもそのうち1回は腰から落ちて内蔵への大打撃!

そしてもう1回は橋の上からロンダートで飛び降りるつもりが

回転しすぎてただの転落、わき腹から落ちてしまい、

まさに息ができない状況を経験しましたcrying


5日目は午前中はまた川遊び。

ふたたび沈下橋からのダイブタイム!

リーダー3人でじゃんけんをして、負けた一人の手足を持って

橋の上から川に放り込むことにsmile

見事勝利した自分は、負けたリーダーの腕を持って、

1・2の3で放り込んだ!・・・途端に、後ろから誰かに突き飛ばされ、

結局リーダーは3人ともドボンsweat02

突き落とした犯人は、キャンプディレクターのC氏でしたdash

おちゃめな彼のこの行動が、何気に今回の一番の思い出になりましたcatface

そして午後からは最後のカヌー旅。

一生懸命漕いで、到着したキャンプ場はウルトラ美しい!

なにより地面がまっ平らshine

平らな地面がこれほどありがたく思ったときはありませんでした!


そして6日目、実質最終日のこの日は、集合写真を撮ったり、

思い出のミサンガ作りをしたりで、ゆっくりと過ごせました。

お土産を買った後は、再び夜行バスに乗り込み、

眠れぬみんなを乗せて一路、東京へ。


7日目の朝、途中で地方発の子とはお別れとなり、

午前9時ころには東京駅で無事解散とあいなりました。

心地よい?疲労感とともに、リーダーみんなでカフェへ入り

思い出話に花を咲かせながら朝ごはんを食べました。


と、ここで終わらないのがカエルくんクォリティです!

リーダーみんなとも別れてから、後輩リーダーと一緒に

池袋までラーメンを食いに行きました!

キャンプ食ばかりを摂取していた身を奮い立たせるように、

豪華に単品物もたくさん注文して、ちょっとした宴を開いた気分でしたw

そしてそこからさらに変なノリになり、

1週間のキャンプの大荷物を背負ったまま、なぜかビリヤードへ

08081117_8

さらになぜかカラオケへ

08081117_9

ちなみに上の写真で歌っているのは、

キャンプのスタンツで子どもが歌った『男女』です♪

そしてとどまることを知らない勢いに任せて、

極めつけはそのまま『崖の上のポニョ』を観に行きましたw

08081117_10 

08081117_11

もう、自分たちでもいったい何をやっているのかとw

あ、ちなみに『ポニョ』は思っていたのと少し話は違ったけれど

2時間があっという間で面白い、画が見ごたえのある作品でした!

パヤオはやっぱりすごいなup


あぁ、そんなこんなで自宅に着いたのが午後6時過ぎ。

汗がしみこんだ洋服をザックから取り出すと、

ザックにもにおいが移っていてげんなりdespair

汚れ物はすぐに洗濯機に放り込み、

ザックには速攻でファブリーズをしました。


なんだかんだでとっても楽しい7日間を過ごせました。

数日後には、昨晩バスがスルーした神戸へ仕事で出かけます。

神戸での仕事はなかなかだるそうですが、

でも一方で、今の自分にはなんでもやれそうな気もしていますhappy01


※アルバムも更新しましたpunchupwardright

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

宇都宮探訪&四万十出発

今日は朝から、大学院で普段教えて下さっている先生のいらっしゃる宇都宮を訪問してきました。
真昼間から大量の餃子をご馳走していただき、口の中が臭くて堪りませんw

さて、午後は院生みんなで、その先生のお開きになっている、
ファシリテーションに関する講座に参加したのですが、
自分は四万十への出発を控えているので、
一足先に帰宅の途につきました。

17時半頃に自宅に着いて、荷物をパッキングし、夕食と風呂を済ませたら
19時半東京駅集合に間に合うように再出発です。

めちゃくちゃハードと聞いている四万十キャンプですが、頑張って行ってきたいと思います!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

鴨川帰還

鴨川から帰ってきました。

easyモードなキャンプで、気軽に楽しむことができました。

奄美に引き続き、自分の班は非常に良い子達が揃っていて、

らく~に班行動ができましたhappy01

写真もupしたのでどうぞupwardright

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

鴨川出発

おとといの夜、大学院合宿 in 軽井沢から帰ってきて、

昨日は前期末の未済試験の受験とバイトで一日がつぶれました。

そして今日は、普段から活動している教育NPOの一日イベント。

休みを空けずに、明日からは鴨川キャンプに突入です!


鴨川シーワールド自体は何度も行ったことあるし、

このキャンプでも一年前に引率した経験があるので、

気持ちとしては随分ゆとりがあります。


けれど、明日は後輩との初キャンプであり、

また普段から非常にかかわりの深い子も参加するので、

そういう意味では非常に楽しみです。


鴨川から帰ってきたら、一日の休み(と言ってもバイト有)を挟み、

四万十一週間&子ども会キャンプ&神戸研修会が

一日の隙も無く続きます。

いよいよピーク期に突入するわけですが、

飛ばしすぎず、けれど思いっきり楽しみたいと思います!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

奄美帰還&軽井沢出発

31日の深夜(というか1日の早朝)、奄美から帰還しました!
やはり奄美の太陽は爆裂的な力をもって私の肌を焦がしてゆきました笑


もとから色は黒いのですが、
さしずめ白かりんとうから黒かりんとうになったというところでしょうか?

日焼け止め、長袖長パンという紫外線対策をほどこしてもこれですから、
やはり奄美の自然は恐るべきですね。

滞在中の写真をアップしたいのですが、なかなか時間が取れず、先のことになりそうですdown

なにしろ、今この記事を書いているのも、今日から始まる大学院の合宿@軽井沢へ向かう新幹線の中です(^^;)

さて、奄美のことですが、台風の接近のために残念ながら無人島へ渡ることが適いませんでした。
そこで奄美大島にある海岸のキャンプ場で過ごすことになりました。

それでも、半潜水艦に乗って海中散歩を楽しんだり、野外炊事をしたりで楽しくプログラムをこなせました。

何より楽しかったのは、自身も初の体験だったスノーケリングです!

本当に手の届く所に魚が群れていて、ニモも見ることが出来ましたsmile
他の班ではウミガメにも出会ったそうです!
最高の体験になりました。

うちの班の子どもたちもみんないい子で、本当に楽しかったです。

…新幹線が軽井沢に到着しました。
今日から3日間はしっかり勉強してきますsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

始まりました

奄美とうとう始まりました☆

何故か飛行機の中から右足に激痛が…Σ( ̄□ ̄;

今日は右足を引きずりつつのプログラム参加で、やや不完全燃焼です

今はちょっとマシになったので、明日はもうちょっと頑張っていきたいです。

ただ台風が近づいてきてるんで、明日は島に渡れるか…
祈ります(-人-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)