« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

蔵王帰還

蔵王に行ってまいりました。

一年ぶりの蔵王。

昨年は雪が少なくて大変だったところが、

今年は初日からまさかの吹雪。

雪洞泊の一日を除けば、毎日雪が降っていました(^-^;


今回はひとつ、大きな反省が。

子どもたちを現地のスキー教室に預けた後の

リーダーだけのフリースキータイムの後、

集合時間に遅れてしまったのです(ノ_-。)

頂上を攻めて降りてこようとしたものの、

いざ頂上についてみると、マイナス9.5度の猛吹雪ヾ(;´Д`A

その勢いは、スキーを履いてじっとしていると風で後ろに滑ってしまうほど。

予想以上の過酷な環境に、本気で生命の危機を感じました。

ともかく一刻も早く降りるべく、予定外のショートカットを断行したものの

あえなく道に迷い、結局時間に間に合わない始末。

結果的に皆さんの信頼を裏切ってしまったことは、

心から悔いなければなりません。


さて、それ以外はいつものように子どもたちとの関係も良好で、

なかなかにハードなプログラムであったものの、

怪我や病気も無く楽しい日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

働くこと

毎日、テレビをつけると就職難・リストラの話ばかり。

派遣労働者が切り捨てられていくことは当たり前のように行われ、

いまや正社員のリストラさえ横行し始めていると言う。

特に、仕事と住む場所を同時に失った人々の生活は、

はっきり言って悲惨である。

公園に布団を敷いて、就職雑誌を片手に握り締め、

食事さえままならず公園の冷たい水を飲む。

交通費を節約するために遠くのハローワークまで徒歩や自転車。

働きたくても働けない人が溢れている日本の現状を見て、

なんとも言えず心細い寂しさをどうしても感じてしまう。


自分も、つい最近までは職を得られぬ不安を感じ続けていた身である。

大学を卒業して、誰に話しても恥ずかしくない職場を得ることができたのはいいけれど、

一年経たぬうちに、契約の更新は無いと言われ、愕然としたのが昨日のよう。


その衝撃から、何事も手につかない日々を過ごし、

そこからやっと立ち直り、将来に向かって動き出したのは良いものの、

一度つまづくと何をやってもうまくいかず、何度も心が折れた。

やがて、自分が本来抱いていた理想さえも見失いがちになり、

ただ目の前のことばかりに気をとられ、上滑りな毎日が過ぎていった。


それがつい先日になって、やっと来年度からの仕事を得ることができた。

本当に、飛び上がる嬉しさだった。


この時勢で、自分がやりたいことを仕事にできたことはこの上ない幸運だ。

自分の与えられた役割に大して誠実に、謙虚な気持ちで全力を尽くしていく。

そうした気持ちを常に忘れず、頑張っていきたい。


今日からボランティアのキャンプが始まる。

こんな活動に携われるのも、自分の境遇が恵まれているからに他ならない。

自分のことに一杯いっぱいだった日々を経て、

つらい気持ちを味わった代わりに得られたものも多い。

それらを胸に、今年最後の一仕事をこなしてこようと思う。




・・・なんという長文チラ裏。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

理想的イブ

(カッコの中をとばしてもらうと)今日は理想的なクリスマスイブでした。

(寝不足のため)朝はゆっくり目覚めてシャワーを浴び、
まずは(教習所に支払う)資金確保のため銀行へ。

(なけなしの)30万円近くを引き出し、(大学生協という名の)待ち合わせ場所へ。

自分を待っていてくれた(生協の)お姉さんに、早速先程のお金を手渡しました。


その後は(キャンプ道具を揃えに)ショッピング♪(むろん独りである)

(安さを求めて)あちこち歩き回り、へとへとに(^^;


さらに夕方からは都会の喧噪を抜けて(教習所のある)、一路西へ。

美しい山々(ばかりで他に何も無い郊外)に目をうばわれつつも、
やっとのことで目的地(むろん教習所である)に到着☆


同じ目的(むろん教習である)の男女がいっぱいいました(^∀^)ノ


そこで(教習所の)お姉さんから素敵な(教本という)プレゼントを受け取り、
(教習所通いが始まる煩わしさで)胸がいっぱいになりました。

(システムについて)一対一の会話をたっぷりしたあとは、
短い映画(学科科目1「運転者の心得」)を観ました!

そのあとはとうとう…(指導員と)二人っきりのドライブo(≧∀≦)o


初めての(運転)経験に、体がかちかちでした(ノ<)
やがて助手席(のおっさん)から手が伸びてきて
ハンドルを握る僕の手を優しく支え…


本日はまことに素晴らし(く世間の浮つきからは程遠)いイブでした☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

何もかも嫌になったので

旅に出ることにしました。

4_2


海は果てしなく広く、

5

太陽はあらゆるものに輝きを与えています。

2


とんびの悠然たる姿には憧れを禁じえません。

3_2



・・・・・・はい、旅に出たとかウソです。

ただの移動教室です。

それにしても、空と海が美し過ぎました。


今日は自然に抱かれる感覚を

いたる場所で味わうことができました。


湖畔での静かなひと時。

6


水仙も風に揺れていました。

Photo_2


おだやかで、充実した時がそこにはありました。


ここ1年間のすさんだ心が少しずつ癒されてゆくのが分かります。

本来抱いていた自分の夢への感覚を

じわりじわりと、取り戻しつつあるのが実感されます(゚ー゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

試練の結果

ここ数ヶ月、頭にずっとひっかかっていた
試練の結果を、本日受け取りました。


現在、移動教室の引率に来ているので細々とは書けませんので、
近しい皆様には直接お会いした時にご報告申し上げます。

いずれにしても、応援して下さった皆様、
本当にありがとうございました。


今後もどうぞよろしくお願いします。


では取り急ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

スーツ!竹刀!一輪車!

現在の出で立ち

 ↓

スーツを着て、背中に竹刀と木刀、右手にビジネスバッグ、
左手は一輪車を押しています。
この格好で広尾からバスに乗って渋谷へ行き、
地下鉄に乗って自宅に向かっています。


…一体私は何をやっているんでしょうか???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

試練2

またもや試練の時です。

前回と同じく六本木ヒルズにて時間を潰しながら最終確認です。


気合い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

茶屋と蔵王とTVのことと

本日は、午前中は地域での活動。

午後は、昨日に引き続きまったり過ごしました。


仲間と一緒に、地元の神社へ行き、お茶屋で一服。

Photo



地元だと、かえって普段は行かないので、

初めて口にしましたが、意外とおいしいお団子でした。

Photo_2


その後は公園でバトミントンをしたり、

アウトドアショップに行ってぶらぶら見て回ったり。


そこで今度の冬のキャンプの話をしていると、

次第に話題は昨年の蔵王のことにも及びました。

先ほど帰宅し、思わずDVDを見返してしまいました。

見所は、ソリ遊び。

一緒に行った人は覚えていると思いますが、

カメラマンの彼が、なんと滑落してしまったのです(ノ∀`)・゚・。

昨年見たときも、思わず吹き出してしまったのですが、

さっき見たときは、思わずちょwwwおまwww状態でした( ^ω^)

「うわっ!やべっ!あぁっ!・・・だれかっ!やべっ!あぁっつ!!!」

とか言いながら滑り落ちてるのに、それでもカメラは死守!

そこは仕事人だなぁ~と感心した次第です。


も一個、今日印象に残ったこと。

このブログ書きながらさんまのからくりTV観てたら、

小太りの男が出てきて、叱られた相手に対して

「誉めて伸ばされたいです!!!!」


( ゚д゚)ポカーン


もうね・・・なんもいえねぇ・・・・・・

いくらバラエティと言えど、Y世代ヒドス┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

秋の小石川植物園

今日はあんまり天気が良いので、

午前中に近所の小石川植物園まで散歩に行きました。

昨年のちょうど今くらいの時期にも、

ネイチャーゲームリーダーの講習会のために

小石川植物園に来たので、ちょうど一年ぶりです。


あいかわらず、この時期の園内は、

赤に黄色に色づいて、目にも鮮やかに照り映えていました。

遊歩道に沿って歩く道々、時には木々の間に分け入り、

時には落ち葉踏み敷くなかにしゃがみこみ、

季節を感じながらゆったりとした時間を過ごすことができました。

自然に飢えた心身を、十分に慰めることができました。


園内では小さな子どもたちが落ち葉に戯れながら遊んでいました。

子どもたちは大人に比べて、なめらかに自然と接している気がします。


夕方、近所の夕日スポットでしんみりしていると、

小学生の男の子が銀杏の葉を片手に一掴み握りしめながら、

本当に「てくてく」と言う音が聞こえてきそうな様子で歩いてきました。

風は冷たいけれど、その分空気は澄みわたって、そこに差し込む

真っ赤な落陽の光を全身に浴びたその子の姿に、

神々しささえ感じられました。

けれど一方で、なぜか不思議な物悲しさの入り混じった、

なんとも言えない気持ちにも満たされました。



今日は写真も何枚か撮ったので、

よかったら右のアルバムからご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

試練

を受けに六本木までやってきました。

と言っても現在の職場からは程近いのですが
むろん、今日も昼過ぎまでは仕事でした

今はテレ朝と六本木ヒルズの谷間の休憩所で、
18時からの試練に備えて最後のチェックをしているところです。

さっきから、隣の噴水が音楽と光をだしながら吹き出してうるさいんですが…


ちょっと緊張しておりますsweat01
でも、がんがってきます(・∀・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »